ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


間銭の恥で

奉祀を織って

咬創を浴し

野菜を画した

 

肉の智剣で

天機を練って

性交を列し

裏海を失した

 

擺線の味で

横死を彫って

葉層を剋し

禍災を訳した

 

畜の二見で

年紀を照って

励行を摂し

視界を律した

 

 

「プゥトゥ」

改刪の害で

合紙を濾して

暴行を報じ

半季を縛した

 

道の朝刊で

提起を免じて

線装を礼し

寮試を失した

 

概算の貝で

紅脂を後して

奉公を忘じ

晩期を博した

 

乳の冥官で

銘記を転じて

斂葬を征し

尚歯を律した

 

 

「リプラィ」

妙見の尺で

制規を銘して

丁壮を例し

李贄を着した

 

神の相先で

王師を講じて

陽光を報じ

八旗を訳した

 

商圏の脈で

名機を省して

霊草を呈し

智歯を略した

 

網の海戦で

後肢を応じて

方向を要じ

薬気を博した

 

 

「オゥヴァ」

辿る矢視で

養蚕を投じて

黄化を蘇し

三綱を愛した

 

鶏姦の列で

僚機を興じて

御荘を比し

蔽遮を面した

 

宿る他誌で

当参を要じて

相加を捺し

安康を裁した

 

戻換の決で

凶器を療じて

非想を魅し

鳴謝を偏した

 

 

「リィール」