ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


列の底止で

腸腺を略して

非毀を医し

曳航を僻した

 

善き効験で

花卉を訳して

洒掃を抹し

毛詩を蘇した

 

鉄の冷視で

稜線を着して

意企を比し

閉講を役した

 

濃き用件で

夜気を隠して

埋葬を察し

桑梓を模した

 

 

「コーザル」

着た入信で

稔性を決して

連亘を挺し

駐機を療じた

 

箔の晩霜で

防止を報じて

雑巾を則し

算計を座した

 

似た休心で

憲政を熱して

転校を例し

瘤起を貼じた

 

獏の瘢瘡で

放資を忘じて

鎗金を賊し

斬刑を挿した

 

 

「スラァプ」

採る往信で

哀思を対して

馬耕を博し

蜂起を忘じた

 

鯨志の罫で

機窓を吟じて

習気を了し

霊菌を征した

 

織る灯芯で

太始を愛して

爬行を縛し

謗毀を報じた

 

刑屍の芸で

儀装を禁じて

流期を賞し

青襟を例した

 

 

「ファィン」

貶遷の芸で

碍子を佩して

在校を足し

天機を贅した

 

深層の芋で

王氏を蘇して

老犬を貢し

欣喜を領した

 

言泉の弊で

廃址を慨して

対抗を座し

前期を挺した

 

陰相の霜で

槍糸を捺して

後賢を労し

悋気を狂した

 

 

「ソートゥ」