ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


格の画層で

合資を濾して

雑巾を則し

山気を座した

 

似た標旗で

偏光を佞して

停止を隷し

留心を着した

 

学の仮相で

行使を伍して

鎗金を賊し

残基を挿した

 

干た尿器で

年縞を聘して

霊視を呈し

注進を略した

 

 

「スカール」

鉄の年歯で

乳腺を契って

猟奇で生じ

拙攻に列した

 

箔の晏起で

王権に惚れて

容止で講じ

核相を訳した

 

熱の天資で

中線を握って

勝機で領じ

裂肛に接した

 

悪の半期で

法剣に折れて

公私で要じ

躍層を画した

 

 

「ピュゥア」

触る満期で

猛犬を蘇して

用紙を校し

角層を訳した

 

居た筆記で

閉講を役して

停止を例し

流泉を徴した

 

回る三帰で

双肩を燃して

紅脂を夭し

薬草を隠した

 

干た逸機で

曳航を僻して

霊視を挺し

注染を領した

 

 

「ベンドゥ」

契る尿管で

年紀を挺して

列の精巣で

小疵を律した

 

格の野蚕で

容姿を濾して

漏る彷徨で

半期を抹した

 

握る潮間で

天機を佞して

説の霊草で

量子を失した

 

役の家産で

紅紫を止して

彫る猛攻で

慢気を発した

 

 

「プラドゥ」