ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


余る丹祈で

投稿を捺して

高議に擁し

野犬で掻いた

 

練る専恣で

秋扇を睨んで

標示で諒し

礼奏に聘した

 

堪る暗鬼で

横行を吐して

要義に貢し

花瞼で焼いた

 

競る念死で

乳腺を白んで

療治で評し

兵争に令した

 

 

「スヮンプ」

昧死の箔で

俸銭を模して

降機を浴し

治工を画した

 

旌旗の令で

猟犬を資して

遺旨を蟄し

廷争を閲した

 

廃弛の幕で

毛氈を補して

揚棄を剋し

下後を扼した

 

霊鬼の製で

小圏を理して

地史を逸し

営巣を徹した

 

 

「フラトゥ」

採鉱の凪で

年期を征して

厭戦を僻し

俳誌を明った

 

着た民器で

猛犬に凝って

老子に党し

賃走に律した

 

内訌の鷺で

疝気を佞して

貶遷を役し

哀史を量った

 

観た錦綺で

後賢に漏って

頭指に聾し

林葬に蟄した

 

 

「リィング」

椰子の作で

宋銭を止して

当期を模し

満稿を達した

 

経た英検で

意企を秘して

離騒を喫し

犬歯を列した

 

渣滓の厄で

洋船を蘇して

猛気を賭し

探鉱を抹した

 

得た兵権で

誹毀を慰して

帰装を律し

恋矢を決した

 

 

「ヴェィグ」