ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


斎む試験で

早期を捺して

鴻溝を弄じ

留止を吃した

 

掃く内宣で

年歯を聘して

面争を転じ

丹祈を抹した

 

沁む異見で

嘔気を蘇して

陋巷を高じ

急死を律した

 

泣く擺線で

偏私を佞して

塡装を免じ

満忌を達した

 

 

「シェィク」

騰貴の欲で

治工に辿って

麻紙を渇し

香饌に揉めた

 

利権の失で

旌旗に列して

兵曹を得て

遺矢に引けた

 

揚棄の徳で

多孔に宿って

家資を抹し

毛氈に込めた

 

私見の律で

霊気に接して

泳層を経て

罷市に活けた

 

 

「ソォール」

芋の指揮で

三綱を愛して

開始を摩し

味煎を騎した

 

彫る納期で

年縞を聘して

霊視を挺し

唐扇を聾した

 

霜の委棄で

安康を賽して

昧死を貸し

饋線を魅した

 

載る芳紀で

偏光を佞して

停止を隷し

楼船を党した

 

 

「レヴァル」

焚く満稿で

猛気を督して

養蚕に貢し

仮歯を扼した

 

経た営巣で

倚子を必して

輪姦で叱し

旌旗を例した

 

負く淡交で

投企を目して

講讃に要し

矢視を画した

 

得た併走で

悲史を逸して

震撼で律し

霊気を制した

 

 

「ダァヂュ」