ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


膣の明史で

孟宗を賭して

牢記を混じ

喜見を諒した

 

探る内訌で

年期を煎じて

駅船を僻し

廃址を愛した

 

蜜の鎮子で

痘瘡を模して

興起を論じ

理研を狂した

 

殴る催行で

戦機を念じて

壁泉を役し

哀詩を排した

 

 

「ピィール」

姓の瞑捜で

妙機を資して

猟船を吃し

欠課を列した

 

背向の味で

応射を歩して

用件を督し

卓子を約した

 

銘の盛粧で

正気を魅して

饗饌を律し

劣化を結した

 

愛校の恥で

放捨を押して

闘拳を浴し

鑰匙を託した

 

 

「テェィル」

神の哀訴で

押送を鼓して

要旨を補し

破線を扼した

 

睨む四庫で

穿孔を佞して

鉄軌を令し

利権を蟄した

 

網の改組で

好走を捺して

芳志を寄し

矢銭を泊した

 

白む二胡

念校を征して

礫器を訂し

智剣を律した

 

 

「マドゥル」

意見の肝で

検査を閲して

転送を列し

涼気を蟄した

 

薬効の毬で

猛士を寄して

宋銭を補し

汎化を挿した

 

棄権の芋で

怨嗟を決して

連想を撤し

聴器を律した

 

末項の槍で

陽子を模して

法線を蘇し

惨禍を派した

 

 

「ハァーム」