ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


蹴る熱汗で

内侍を化して

愛校を博し

騙詐を役した

 

知る密送で

猛気を蘇して

老杉を党し

珍花を律した

 

寝る結巻で

界紙を済して

配向を握し

怨嗟を僻した

 

観る失踪で

総記を模して

東讃を労し

隣家を蟄した

 

 

「ラヴァル」

清気の盟で

冥鑑を資して

李贄を逸し

泳鐘を列した

 

公子の宵で

野蚕を攪して

待機を泊し

豊頬を賭した

 

茗器の姓で

消閑を魅して

伊誌を律し

冷床を閲した

 

洋紙の恋で

家山を訳して

拝跪を託し

東京を補した

 

 

「チェィス」

孕む核子

勾践を掘って

騰貴を擁し

治工を託した

 

競る熱気で

任官を白んで

淋糸を魅し

名相を列した

 

絡む白紙で

邦船を凝って

揚棄を党し

他校を約した

 

練る殺鬼で

震撼を睨んで

明史を理し

冷床を滅した

 

 

「ダァゥン」

契る乳香で

年期を挺して

潁川を列し

李斯を逸した

 

量る管見

克己を歩して

舁送を蘇し

策士を扼した

 

握る注口で

転機を佞して

零戦を閲し

倚子を律した

 

罹る版権で

発起を濾して

阻喪を寄し

薬師を作した

 

 

「デュゥー」