ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


腫る愛視で

威権を品して

眠期を歯し

彩層を増した

 

祈む投降で

転子を佞して

決選を礼し

牢記を貢した

 

荒る廃止で

秘鍵を印して

神亀を魅し

埋草を差した

 

富む農耕で

念紙を訂して

列線を慶し

降機を弄した

 

 

「ハァーフ」

御荘の君で

継起を面して

兵権を典し

稚子を品した

 

同視の僕で

抜港を諾して

薬気を策し

宋銭を浴した

 

帰装の耳で

明記を験して

定見を偏し

皮脂を賃した

 

防止の毒で

脱稿を縛して

削器を扼し

陽線を則した

 

 

「ルゥース」

経た曳航で

遺矢を比して

流線で叱し

成規を礼した

 

幕の回想で

紅旗を模して

当券に擁し

野史を託した

 

得た閉講で

罷市を医して

臭腺で律し

癘気を制した

 

核の埋葬で

盲亀を濾して

鷹犬に党し

多士を扼した

 

 

「ヒンダァ」

競る年縞で

南枝を散じて

邁進で足し

提起に面した

 

興る放資で

皮筋に淫して

騏驥で利し

老荘を混じた

 

練る線香で

三尸を難じて

対審で摩し

明記に典した

 

誇る横死で

遺金に品して

理気で規し

後奏を論じた

 

 

「セェトゥ」