ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


膣の理想で

牢記に党して

凝る放心で

飛鼠を期した

 

膜の安康で

英姿を巡って

競る粘菌で

南下に咲いた

 

律の馳走で

投棄に老して

彫る交信で

機素を比した

 

悪の満稿で

名詞を抉って

練る千金で

酸化に泣いた

 

 

「キィンク」