ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


毬の安化で

円周に命じて

練る片思で

拝顔を生した

 

律の振起で

躁狂を勒して

混む刀俎で

朝餐に吃した

 

蟻の瞞過で

免囚に映じて

減る念死で

内含を破した

 

質の悋気で

陋狭を則して

富む酵素

強酸に蟄した

 

 

「アンドゥ」