ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


折る報讐で

騙詐を役して

敬神を礼し

牢守を貢した

 

並む砕鉱で

深化を睨んで

膣の味官で

枚挙を足した

 

彫る応酬で

怨嗟を僻して

励振を刑し

叩首を老した

 

醒む内向で

認可を白んで

蜜の痴漢で

退去を摩した

 

 

エスエヌ」