ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


鶏姦の列で

粒子を期して

鋳た非想で

変型を役した

 

残る壮気で

再造を倣って

辿る野性で

葉圏を党した

 

戻換の決で

旧址を利して

干た位相で

遠計を僻した

 

底る能記で

内蔵を浚って

宿る他姓で

刀剣を夭した

 

 

「ワィーク」