ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


理想の質で

雪花を礼して

経た延伸で

倚子を秘した

 

野師の格で

咬筋を寄して

富む濃化で

内攻を足した

 

志操の律で

烈火を制して

得た返進で

斐紙を慰した

 

仮歯の役で

洋琴を超して

祈む投下で

退行を成した

 

 

 「チャーム」