ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


練る穿刺で

脂膏を睨んで

秘記を利し

醴泉を聘した

 

荒る大志で

騰走を推して

興起を擁し

野犬を擤んだ

 

競る念死で

尼公を白んで

理気を比し

兵船を隷した

 

垂る哀思で

押送を吐して

揚棄を貢し

家眷を病んだ

 

 

「ルーイン」