ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


惹く歯冠で

再嫁を発して

万考を握し

意地を尾した

 

漏る亢進で

形似を面して

諂笑を隷し

狼火を党した

 

敷く秘巻で

配架を察して

安康を縛し

美辞を慰した

 

凝る妄信で

明示を験して

連唱を呈し

冬華を老した

 

 

「ウォーク」