ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


猿の堆起で

転進に接して

営生で免じ

慢渉を圧した

 

賊の合憲で

凝脂に乗じて

希求で秘し

包茎を高じた

 

樽の再帰

染浸に徹して

盟誓で演じ

暗唱を抹した

 

獄の贈犬で

状紙に行じて

悲泣で期し

狡計を報じた

 

 

「貪る重厚」