ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


魔酔の箔で

宝剣を模して

桑弧で聾し

来襲を産した

 

着た任槐で

年少を献じて

円匙に敵し

遅緩を淫した

 

破水の幕で

猛犬を補して

狼虎で奏し

採集を濫した

 

似た禁戒で

健勝を念じて

転子に役し

遺憾を賃した

 

 

「注ぐ積層」