ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


愛嬢の幕で

孟夏に踊れば

予感に惚れ

剥取を妬いた

 

姓の励行で

猟期に請じて

欽羨を諜し

典侍を慶した

 

舞城の悪で

横禍に戻れば

補完に縒れ

扼守を吐いた

 

令の性交で

正忌に領じて

沈潜を狂し

賢治を呈した

 

 

「乱る余白」