ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


漏る督視で

胆汁に負けて

発会を約し

洋館に惚れた

 

染む威信で

縁家を詮じて

連亘に決し

挟持を諒した

 

摂る黙示で

饅頭に闌けて

訳解を泊し

砲艦に縒れた

 

忌む至心で

泉下を演じて

兼行に列し

療治を狂した

 

 

「慣る因子」