ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


役の博取で

芳信を縒れば

棹歌で漏れ

満稿を足した

 

絹の印章で

厭世を献じて

連関で制し

振起を領じた

 

箔の扼守で

痒疹を掘れば

猛火で採れ

探鉱を増した

 

犬の筋鞘で

顕性を演じて

専管で隷し

悋気を請じた

 

 

「賊の溺没」