ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


透視の欲で

野犬を託して

満開を判じ

保蔵で揉めた

 

着た威光で

延期を決して

量産を歯し

精細で隷した

 

夭死の徳で

他券を訳して

半壊を慢じ

模造で褒めた

 

射た機構で

嫌忌を閲して

消散を利し

零砕で征した

 

 

「暴る結合」