ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


敵の旌旗で

子宮を貼じて

異性を律し

戻換で閲した

 

書く邁進で

模型を哭して

様相に惚れ

剥取に訳した

 

責の定期で

地球を請じて

理世を逸し

鋭感で列した

 

撒く会心

孤閨を黙して

蓬窓に縒れ

扼守に泊した

 

 

「シェイク」