ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


抉る綿球で

未成を慰して

遅参で律し

礫器で撤した

 

食む訳解で

予習を掘って

酷使を蘇し

再現で刈った

 

巡る円丘で

為政を魅して

離散で蟄し

敵機で列した

 

病む発会で

補修を縒って

即死を濾し

改元で去った

 

 

「観る文明」