ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


祈む投下で

胎蔵を生して

喚起を圧し

応現に剋した

 

惹く試算で

静思に偏して

迷宮を令し

理世を魅した

 

富む濃化で

内臓を足して

暗記を渇し

耗減に臆した

 

頻く飛散で

平視に餞して

霊柩を瞑し

未成を利した

 

 

「恒の不変」