ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


開校の凪で

濃化に凝って

洋犬で党し

他者を訳した

 

連辞の兵で

表彰に利して

神機で逸し

延伸を煎じた

 

内攻の鍵で

降下に乗って

刀剣で擁し

耶舎を託した

 

片時の霊で

了承に秘して

淫気で失し

潜心を怨じた

 

 

「霞む癒着」