ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


祈む好字で

回信を生して

棹歌を捺し

愛妾に達した

 

秘む詩興で

戦記を聘して

迷言で令し

律師で魅した

 

混む能事で

内心を仮して

桜花を吐し

大匠に圧した

 

染む悲況で

偏気を制して

霊験で瞑し

密使で利した

 

 

「雪ぐ臓器」