ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


内訟の皮で

校規に乗って

補完を寄し

扼守を食んだ

 

煎る密旨で

冥境を演じて

選果を挺し

恥丘で証した

 

解消の縄で

能記に凝って

予感を歩し

剥取を病んだ

 

看る逸詩で

英京を免じて

転嫁を制し

屍柩で諜した

 

 

「握る穿通」