ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


芋の資源で

戦記に謁して

編集を隷し

療治を秘した

 

難化の髪で

口峡に乗って

他者を訳し

余震を党した

 

霜の威厳で

塩基に接して

練修を聘し

表示を利した

 

寛仮の波で

膿胸に凝って

夜叉を託し

都心を夭した

 

 

「蠢く自在」