ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


配給の悪で

嘔気を掘って

能詮で媚び

海自を為した

 

眉間の律で

礫器を銘して

戦場を撤し

蝶児で証した

 

哀求の箔で

法喜を折って

交線で延び

内耳を貸した

 

理研の蜜で

鍍金を例して

天壌を節し

正士で弔した

 

 

「中庸の仇」