ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


蒔く白鷴で

芳姿を模して

初む応酬は

悪鬼で咲いた

 

似る沈下は

天漢に佞して

携持の令で

離愁を供した

 

吐く末巻で

毛詩を歩して

怖む総集は

削器で空いた

 

散る認可は

年鑑に挺して

例示の計で

奇習を了した

 

 

「ハンドル」