ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


要る支根で

戦火を演じて

転向に列し

隆盛で潮した

 

蒔く回視で

胡椒に黙して

抛棄を没し

蛮神で配した

 

知る縊痕で

円価を撰じて

連行に徹し

中正で療した

 

書く昧死で

喪章に剋して

傍記を欲し

叛臣で陪した

 

 

「熟む利害」