ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


秘む緯線で

永世を経ても

霊交で結し

旧誼を利した

 

咲く内外は

脳漿で揃って

要旨を党し

他券で宿った

 

忌む飛泉で

平成を得ても

径行で列し

流儀を期した

 

鳴く際涯は

双晶で呪って

闘志を夭し

野犬で辿った

 

 

「逆の摂理」