ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


理想の質で

誓紙を例せば

玄関を便じ

美姫を艤した

 

魔酔の核で

亢進を模して

陶化に応じ

愛好を託した

 

師僧の律で

霊祠を征せば

冕冠を減じ

義気を尾した

 

仮睡の幕で

妄信を濾して

押下に投じ

退行を握した

 

 

「潜む雑巾」