ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


法剣の空で

再起を発して

仮象を摩し

目次を剋した

 

契る認可で

念願を衒って

連鎖に謁し

彙集で律した

 

双肩の洞で

排気を察して

魔障を科し

告辞を沐した

 

握る沈下で

点眼を狙って

怨嗟に列し

履修で逸した

 

 

「摘む途上」