ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


予感の骨は

拍車で訳して

回送を増し

孟夏は籠めた

 

展翅の疫は

異郷を賃して

両虎で賞し

専占は列した

 

補完の娼は

役者で泊して

埋葬を科し

紅霞は揉めた

 

煙死の敵は

地境を印して

証拠で了し

連戦は節した

 

 

「泳ぐ悪徳」