ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


介詞の雨で

往信を剋せば

模型で研ぎ

他郷を待った

 

練る洗顔

神化を任じて

表象で利し

連載を聘した

 

哀思の甕で

恒心を臆せば

徒刑で捥ぎ

魔境を断った

 

競る念願で

認可を進じて

了承で秘し

返済を隷した

 

 

「導く自転」