ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


博取の役で

用箋を彫れば

猛気で剋し

敢行は蒔いた

 

染む異常は

英紙で煎じて

連関に挺し

仲介は猟した

 

扼守の箔で

法線を縒れば

恒規で沐し

漫航は懸いた

 

忌む至上は

正矢で怨じて

転換に隷し

流会は諜した

 

 

「現る辻褄」