ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


性の連亘は

臨写で生じて

眉間を期し

献詞で銘した

 

拝む登時で

大鑑は圧して

配剤を薙ぎ

脳橋は誇った

 

例の専行は

親炙で領じて

気圏を魅し

綿糸で刑した

 

咎む往事で

哀感は達して

内在を剥ぎ

封境は遺った

 

 

「汐の成立」