ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


多感な神は

興起で研いで

妄想を牧し

万化で抹した

 

妊性の軸で

善行は佞して

専恣で偏し

憑信を誦した

 

果敢な民は

投棄で漕いで

暴走を沐し

瞞過で罰した

 

人生の肉で

年功は贅して

片思で選し

傷心を評した

 

 

「厚顔な積」