ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


罹る太虚で

統監を稿せば

同価を臆し

愛好で脱した

 

叱る表層で

片思を撰じて

迷信を例し

理世で魅した

 

集る開渠で

交感を党せば

横禍を毒し

代行で圧した

 

光る傷創で

専恣を変じて

令辰を銘し

未成で利した

 

 

「研ぐ純朴」