ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


野叟の悪で

謳歌を浴せば

包涵を鼓し

間期は孕んだ

 

責の天寿は

沈潜を証して

似た密旨で

綿甲を念じた

 

阿僧の厄で

熔化を臆せば

交感を干し

叛旗は絡んだ

 

敵の千手は

新撰を弔して

看た日誌で

年縞を免じた

 

 

「フラット」