ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


題の眼孔で

剛志を度せば

妄信で越し

寛仮を蒔いた

 

変化で得て

胃癌を必せど

睨む慎思で

先週を念じた

 

害の断虹で

動止を護せば

行進で模し

瞞過を掻いた

 

嚥下で経て

悲願を逸せど

白む任使で

年終を詮じた

 

 

「拘る仕草」