ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


膣の疲痩は

片時に適して

円環を列し

鱗芽を慰した

 

噛む訳詩は

葉針を冦して

猛火を則し

山行で慢じた

 

櫃の馳走は

点字に僻して

連桿を謁し

因果を利した

 

病む核子

後信を擁して

葬歌を沐し

満稿で散じた

 

 

「捩る雑種」