ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


経る淵源で

因子に瀕せば

了承を寵し

滴下を例した

 

撚る国家で

恰好は休んで

再思で満じ

妄信を蘇した

 

得る変現で

品詞に印せば

徴証を猟し

轢過を挺した

 

凝る翼果で

薬効は霞んで

昧死で散じ

喪心を模した

 

 

「混雑の崖」