ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


徳の幼児で

野犬を貯めて

満紙で感じ

公行を黙した

 

得る返照で

必期を印して

試算で律し

礼儀を征した

 

欲の杜氏

他券を辞めて

幹枝で慢じ

猛攻を哭した

 

経る延焼で

逸機を品して

離散で失し

正義を隷した

 

 

「時の電波」