ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


図る鍛金で

蕩児に報じて

応酬を蘇し

斎忌を挙げた

 

看る琴碁で

勁弓を銘して

善事は列し

量産を状した

 

集る煩襟で

鳳字に搭じて

操習を捺し

哀毀を提げた

 

着る眠期で

命宮を刑して

連辞は絶し

蒸散を諒した

 

 

「花めく茨」