ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


能事の檻で

穢行に直れど

乱気で姦し

弧線を弄した

 

未墾の質で

性技を免じて

知情は必し

返詞を典した

 

往時の糊で

内項に煽れど

喚起で濫し

路銭を冦した

 

私恨の蜜で

名義を詮じて

非常は蟄し

天使を偏した

 

 

「触る空白」