ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


明時を刑し

愧心を魅せど

膣の流儀は

連亘に徹した

 

洞の粗相で

再起に発せば

内含を洗い

奥旨で遺した

 

慶事を瞑し

未進を期せど

律の忠義は

覘考に列した

 

空の舗装で

拝跪に察せば

哀願を倣い

脳死で興した

 

 

「柩の傍役」