ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


反始を託し

東京を彫って

登る向自は

感染を生した

 

胃管の式は

撰糸を演じて

明窓を隷し

立志で魅した

 

短枝を博し

封境を摂って

毀る能治は

難戦を科した

 

死姦の息は

衍字を詮じて

礼奏を銘し

密旨で利した

 

 

「虎の道草」