ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


生児は列し

離床を証せば

味覚の膣で

提琴を免じた

 

安全な核で

虎穴を臆せど

誇る脳橋は

難事を吐いた

 

令慈は接し

私消を諒せば

地格の蜜で

鳴禽を変じた

 

完善な悪で

瘀血を刻せど

遺る豊胸は

班次を泣いた

 

 

「マドンナ」